秋 の 交通 安全 週間 2019。 令和元年秋の全国交通安全運動|東京都都民安全推進本部

交通安全

秋 の 交通 安全 週間 2019

2019年(令和元年)「秋の全国交通安全運動」の推進要綱が公表されました。 (中央交通安全対策会議交通対策本部決定) 運動の実施期間は、9月21日(土)から30日(月)までの10日間となっています。 なお、9月30日は 交通事故死ゼロを目指す日です。 依然として高齢者の交通事故被害が目立つだけでなく、今年は未就学児童の悲惨な交通事故が発生し、社会問題となりました。 高齢ドライバーによる重大事故も多発しています。 交通安全運動では、多発する高齢者事故防止と秋口における日没時間の急激な早まりなどを考慮し、次の5つの全国重点を定めています。 ・全国重点• 子供と高齢者の安全な通行の確保• 高齢運転者の交通事故防止• 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 事業所では、交通安全運動の機会をとらえて、横断歩道における歩行者保護の徹底、薄暮早目の点灯、シートベルトの着用チェック、飲酒運転根絶に向けた運転者教育、点呼時におけるアルコール検知器の使用徹底などに取り組みましょう。 また、「子どもと高齢者を守る運転」などをテーマにして、運転者にグループ討議を実施してもらい、話し合いをもとに安全運転目標を考案して社内に掲示するなど、子どもと高齢者を守る意識を高める取組みを進めましょう。 事業所等の業務形態に対応した 交通安全講習等の開催• 飲酒運転・無免許運転・危険ドラッグを使用した上での運転等による交通事故の実態及び悪質性・危険性の周知徹底• 自動車運送事業者では、点呼時における アルコール検知器の使用等,飲酒運転の根絶に向けた取組みを徹底する。 飲酒運転防止対策マニュアル等を活用し、指導を強化する• 交通法令を遵守し, 体調面も考慮した安全運転の励行• 夕暮れ時における前照灯の 早め点灯を励行と、対向車や先行車がいない状況では ハイビーム(上向きライト)使用を徹底• 運転中の スマートフォン操作等の禁止の徹底• 全ての座席の シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 自転車利用者に対する 交通ルールの遵守の徹底• しかし、ただ漠然と「安全運転をするように」とか「防衛運転をするように」と指示したり、ポスターを掲示するだけでは従業員の安全運転態度が向上することは期待できません。 交通事故を防止するためには、従業員自らが交通事故のリスクの大きさを理解し、自身の運転の弱点に気づくことが大切です。 シンク出版では、運転者が自分の危険な運転習慣に気づくなど、一歩進んだ交通事故防止教育教材を取り揃えておりますので、ぜひご活用いただき、交通事故防止にお役立てください。

次の

交通安全週間(全国交通安全運動)はいつ?春と秋に実施される理由は?

秋 の 交通 安全 週間 2019

2019年(令和元年)「秋の全国交通安全運動」の推進要綱が公表されました。 (中央交通安全対策会議交通対策本部決定) 運動の実施期間は、9月21日(土)から30日(月)までの10日間となっています。 なお、9月30日は 交通事故死ゼロを目指す日です。 依然として高齢者の交通事故被害が目立つだけでなく、今年は未就学児童の悲惨な交通事故が発生し、社会問題となりました。 高齢ドライバーによる重大事故も多発しています。 交通安全運動では、多発する高齢者事故防止と秋口における日没時間の急激な早まりなどを考慮し、次の5つの全国重点を定めています。 ・全国重点• 子供と高齢者の安全な通行の確保• 高齢運転者の交通事故防止• 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 事業所では、交通安全運動の機会をとらえて、横断歩道における歩行者保護の徹底、薄暮早目の点灯、シートベルトの着用チェック、飲酒運転根絶に向けた運転者教育、点呼時におけるアルコール検知器の使用徹底などに取り組みましょう。 また、「子どもと高齢者を守る運転」などをテーマにして、運転者にグループ討議を実施してもらい、話し合いをもとに安全運転目標を考案して社内に掲示するなど、子どもと高齢者を守る意識を高める取組みを進めましょう。 事業所等の業務形態に対応した 交通安全講習等の開催• 飲酒運転・無免許運転・危険ドラッグを使用した上での運転等による交通事故の実態及び悪質性・危険性の周知徹底• 自動車運送事業者では、点呼時における アルコール検知器の使用等,飲酒運転の根絶に向けた取組みを徹底する。 飲酒運転防止対策マニュアル等を活用し、指導を強化する• 交通法令を遵守し, 体調面も考慮した安全運転の励行• 夕暮れ時における前照灯の 早め点灯を励行と、対向車や先行車がいない状況では ハイビーム(上向きライト)使用を徹底• 運転中の スマートフォン操作等の禁止の徹底• 全ての座席の シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 自転車利用者に対する 交通ルールの遵守の徹底• しかし、ただ漠然と「安全運転をするように」とか「防衛運転をするように」と指示したり、ポスターを掲示するだけでは従業員の安全運転態度が向上することは期待できません。 交通事故を防止するためには、従業員自らが交通事故のリスクの大きさを理解し、自身の運転の弱点に気づくことが大切です。 シンク出版では、運転者が自分の危険な運転習慣に気づくなど、一歩進んだ交通事故防止教育教材を取り揃えておりますので、ぜひご活用いただき、交通事故防止にお役立てください。

次の

兵庫県/四季の運動(全国交通安全運動、交通事故防止運動)

秋 の 交通 安全 週間 2019

普段から、 交通安全に気を付けて外出されている方は多いと思いますが、自動車や自転車、通行人がルールを守っていないと、不快な気持ちになってしまいますよね。 交通ルールについて、学ぶ機会があるのは小・中学校くらいまでで、車の運転免許を取る際の筆記学習も、車の視点が中心ですので、中々 学ぶ機会が少ないのが現状です。 最近は、スマートフォンの普及と共に、「 ながらスマホ」という運転をしながら携帯電話を操作する行為が後を絶ちません。 また、運転中や歩きながら音楽をイヤフォンで聴くことで、周りの音に気が付けず、事故に発展しているケースもあります。 特に、 自転車が絡んだ事故は年々増加傾向にあります。 自転車は免許がいらずに誰でも乗れるため、車と同じ車道で走る際のルール、歩道を走る際のルールを知らずに乗っているケースがあり、事故に繋がる場合もあります。 そんな中、春や秋の季節によく聞く言葉として「 全国交通安全運動」という運動がありますが、皆さまは聞いたことがありますでしょうか。 この記事では、 全国交通安全運動に関する 知識や活動内容についてご紹介しますので、是非最後までご覧ください。 全国交通安全運動とは? 「 全国交通安全運動」という言葉自体は聞いたことがある、という方も、目的やどのような活動なのかまでは分からない方もいらっしゃるかと思います。 まずは、 全国交通安全運動について説明していきます。 全国交通安全運動とは、日本全国で実施される交通安全に関する 啓発活動期間のことを言い、交通対策本部の定める要領に基づいて実施されています。 その歴史は、 1948年11月15日の 国家地方警察本部長官通達に基づき実施されていましたが、自動車普及に伴って交通事故が急激に増えていったことをきっかけに、政府の重要施策として「 内閣交通対策本部」が中心となって実施しています。 春、秋の季節に「 全国交通安全運動」という言葉を耳にするのには理由があり、毎年春と秋、それぞれに 期間が制定されているのです。 原則では、 春季は4月6日~4月15日、 秋季は9月21日~9月30日とされていますが、毎年内閣交通対策本部によって正式な日程が決定されています。 また、4年に1度行われる 統一地方選挙の年のみ、 春季が5月11日~5月20日へと変更されています。 目的としては、「 交通安全の思想を広く国民に普及、浸透させ、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けること。 国民自らが、交通環境の改善に向けた取り組みを推進し、交通事故防止の徹底を図ること。 」となっております。 交通ルールは道路を通行する全ての方が守る事で初めて成立しますので、誰かがルールを破った瞬間に破綻し、重大な交通事故に繋がってしまいます。 自分本位な運転や行動・思想は、他の人を、何より自分自身を傷つけるきっかけになってしまいますので、 日頃から緊張感をもった行動が必要になりますね。 2019年春・秋の「全国交通安全運動」の日程や期間 ここからは、2019年春・秋の「 全国交通安全運動」について説明していきます。 2019年 春の「全国交通安全運動」 ・ 期間:2019年5月11日(土)~5月20日(月) ・ 交通事故死ゼロを目指す日:2019年5月20日(月) どちらも、現在事故の多い例が、重点として挙がっていますね。 また、 春と秋で重点の内容が少し違っているのには 理由があります。 春と秋に「全国交通安全運動」が実施される理由にも繋がりますが、 春は新入学生や新社会人が、 慣れない道路を通学・通勤する季節ですので、重大事故が発生しないように保護する目的があります。 秋は、 日没までの時間が急激に早くなる季節ですので、自動車・自転車の運転者が空の明るさを誤認し、ヘッドライトを未点灯のまま運転してしまうケースが多発します。 また、 歩行者の服の色が、運転者から 見えづらくなる時間が早まりますので、重大な交通事故に発展してしまう可能性があります。 上記のような理由から、日頃も気を付けている交通安全について一層注意するべく、 春と秋の季節に全国交通安全運動を実施し、交通に目を光らせる人を増やして重大事故を防ぎ、事故が起きやすい期間であることを警告する目的があります。

次の