ナンバ デット エンド ネタバレ。 ナンバデットエンドのネタバレや感想に最終回は?無料試し読みやあらすじもあり

ナンバデッドエンド

ナンバ デット エンド ネタバレ

ナンバデットエンドのあらすじは? 父親の勝は10代のころ千葉県最強のヤンキーとして 名をはせた有名人。 母親のナオミは元レデイースで パチンコと料理をこよなく愛する女性。 そして高校時代に関東を制覇したカリスマ的ヤンキーである 猛を兄に中学3年生の妹・吟子を姉弟に持つ剛は ヤンキーのサラブレッドとなるべく環境で成長しました。 そんな家族からは高校でヤンキー界の 全国制覇を成し遂げるように期待されて育ってきたのですが 剛自身はというと喧嘩三昧の毎日に嫌気がさしていたのです。 そこで剛は家族には千葉県で有数のヤンキー高校である 市松高校に進学すると嘘をつきながら 実際は普通の白百合高校に進学し2重生活を送り続けていました。 その生活を維持することができたのもよき理解者である 同じ年の伍代や大丸という友人たちのおかげ。 剛は市松高校の生徒として特攻服を身にまとい 今日も関東から集まるヤンキーとのタイマンをはったかと思えば 白百合高校では生徒会長として立候補を決めるなど 極端な二重生活を送っていたのでした。 今では彼を狙って関東中の高校からヤンキーたちが 乗り込んでくるほどの有名人となってしまった剛ですが 同時に白百合高校で生徒会長として 就任することも決まってしまったのです。 一人でヤンキーと生徒会長の2役を こなさなければいけなくなった剛でしたが 気がかりはそれだけではありません。 なんと彼の妹が白百合高校を受験し合格してしまったのです。 ナンバデットエンドのネタバレとその後の展開は? 白百合に入学した吟子でしたが 生徒会長をやりながら美術部に所属する生徒会長が 兄と同姓同名だと信じて疑いません。 教師から兄弟であることを告げられても信じられず 市松高校に乗り込んでしまった吟子。 友人の伍代にサポートされてなんとかその場を乗り切った剛でした。 剛が所属する美術部には以前レディースをやっていた 牧野という生徒がいました。 牧野のピンチを救って以来彼女から慕われている ヤンキーの剛でしたが 牧野はまだ同じ美術部の部長がその剛と 同じ人物であることには気が付いていません。 しかし吟子と向かった市松高校で喧嘩をする剛の姿を見て その正体に気が付いてしまった牧野。 一方その頃、学校の先生の不意な一言で 吟子もまた剛の正体に気が付き始めていました。 2人に対して自分で説明をすることを決めた剛でしたが 言葉が出てきません・・・。 ぎくしゃくした関係が続く中、何とか関係を修復することができた剛。 しかし懸念はそれだけに終わりません。 修学旅行で向かった広島で大切な仲間の大丸が片思いをしている 水野がキャバクラで働かされていることを知ります。 そして借金問題の元凶である安藤との喧嘩に加勢に入っている間に 1年生のときから片思いをしている藤田さんが 野球部員から告白を受けていたことを知のです。 また進路に悩む剛の進路票を見て 彼が市松高校に在学していないことを知ってしまった 兄の猛が烈火のごとく怒り始め 最明の兄弟げんか場勃発することに! 家族との関係もぎくしゃくしとうとう家に 居場所がなくなった剛は 伍代の家で居候することになってしまったのです。 波乱万丈の高校生活卒業まであと少しだけど 本当に無事に卒業することはできるのか・・・? 剛の人生から最後まで目を離すことができない!! サイト内より【ナンバデットエンド】と検索。 ナンバデットエンドの感想は? ヤンキーでも嫌になる・・・。 喧嘩ばかりしている彼等だってやめたくなるときはあるのです。 けれどその気持ちと強さは決して比例するわけではありません。 力があるということ強いということは それだけで人を惹きつけてしまいます。 その結果、喧嘩に勝ってしまえばさらに強い相手と 遣り合わなければいけなくなります。 そんな無限ループから抜け出せないことと そこから抜け出したくなる気持ちの両方が ひしひしと伝わってくるような作品でした。 ただのヤンキー漫画ではなく主人公の抱えているものの 背景が良く伝わってくる漫画となっていて あまり馴染みがない読者にとっても 読みやすい構造になっていると思います。 彼らの現実や心の葛藤をつぶさに見ることができる おすすめの一冊です。 サイト内より【ナンバデットエンド】と検索。

次の

ナンバデッドエンドの最終回のネタバレと感想!剛の復讐と皆の道|たのしかおもしろか

ナンバ デット エンド ネタバレ

〜もくじ〜• シャバイ振り 吟子と塾帰りにたまたま知り合った中学3年生の真面目でヤンキー嫌いな普通の男の子 佐藤淳一(さとう じゅんいち)。 1人じゃ勉強できない吟子は佐藤に頼るしかないし嫌われたくないため、家族にシャバいふりをてくれるように頼むが、最初はみんな拒否。 しかし、吟子が号泣するとみんなは渋々シャバいふりすることに。 佐藤淳一が難波家に来ると、そのシャバ過ぎる風貌から吟子の頼みにも納得する。 父親は丸の内のサラリーマン 猛は関東アジア大学の学生 剛は白百合高校2年生(本当) ここまでは何とか誤魔化せたものの、ナオミ(母)に出会うのを最も楽しみにしていた佐藤君。 実は吟子は自分の 母親のことをアメリカ人とごまかしていた。 芝居もここまでかと思った矢先、昼飯を持ってきたナオミは吹き替え版アメリカ人のノリで何とかその場を乗り切った。 そんなに裕福な家庭じゃないけど、好きな学校に行かせてくれる両親に感謝しながらら受験勉強を頑張っている佐藤君をちょっとずつ認め始めた難波家。 そんな時、隣のオバチャンが難波家に入ってきて『千葉で1番のヤンキー一家』ということをバラしてしまう。 しかし、佐藤君は吟子の家が関東に名を轟かすヤンキー一家の難波家ということを知っていた。 何かの間違いと思いたかった佐藤君は言い出せなかったし、ヤンキー一家と分かっても吟子のことを嫌いになんかなれない。 「記憶力はいいし、 発想も自由で天才かもしれない」と頬を染めながら褒める姿を見て、佐藤君がマジで吟子にホレていることを難波家全員が悟った。 ナンバMG5 18巻 153話より しかし、中学生だけでファミレスで勉強するのは危険ということで、父親から難波で週に2回勉強会を行う許可が出た。 そして、吟子はマジで勉強にのめり込むことになる。 ぶらり旅 金持ちの伍代(ごだい)は母親とも休みが合わず、夏休みは亜多海(あたみ)の別荘(マンション)でたまったゲームや本を読んでゆっくりしようと思っていた。 しかし、それを聞いた剛と大丸は付いて行く気満々でテンションMAXになるものの、「交通費は自分で払え」と伍代に言われ、頭を悩まされる。 これで2人は付いてくるのを諦めて、1人でゆっくりとできると思った伍代だったが剛が名案を思いつく。 アメ車を買ったばかりの猛に車を出してもらい 剛・ 伍代・ 大丸・ 松の4人と1匹は亜多海に行くこととなる。 さっそく、海に繰り出してパラソルを立てようとする猛だったが、イチャモンを付けてきた日焼けしたヤンキーを余裕で瞬殺。 その様子を見守る怪しい2人の人影が。 1日目は全員で海で遊び 2日目からは伍代はマンガとゲーム、猛もパチンコに出かけ、大丸と剛と松は海へ。 3日目、大丸はマツを使ってナンパに勤しむがことごとく失敗続きで、剛は浜辺で昼寝。 パチンコで当たり台があるのに金がなくなった猛は森の中でオオクワガタを探して金にしようとしていた。 この3人の周りには、またもや怪しい人影がマークしていた。 助っ人のお願い! 新学期になったら絵を描こうと夕日を携帯の写真に撮る剛。 しかし、怪しい人影2人組がいきなり剛の携帯を取り上げるが余裕で取り返し、もう1人も剛のガン飛ばし1発で戦意喪失。 2人は剛たちを試して、頼みたいことがあると言ってきた。 ナンバMG5 18巻 155話 剛たちをマークしていたのは アキと マスという2人組。 この街には1年前まで、 大森という不良をまとめていた強い奴がいたが、その大森も女と一緒に街を出て行って状況が大きく変わってしまった。 大森が出て行った後は、どっちが跡目を継ぐかで『金町派』と『倉田派』と2つの派閥が立ち上がり、街の不良も真っ二つになってしまう。 半年くらい前からは助っ人を雇って喧嘩をしているのだが、あまりにも強そうな剛一行に白羽や矢が立ち、倉田派に入って欲しいとお願いされる。 マンションに帰ると乗り気なのは大丸だけで、他の3人は干渉しないことに。 翌日も松とのナンパに敗れ続けた大丸が、 防波堤で落ち込んでいると後ろから拳と蹴りを喰らわせられ、松ともども海へ落とされてしまった。 相手は金町派の人間で、ヨソ者が倉田派に肩入れするのが気に食わなかったようだ。 マンションに帰っても怒りが収まらない大丸。 松まで海に投げ捨てられたことを知った猛は、大丸とともに全員ブン殴ってゴタゴタをまとめるよう剛に言い放つ。 本音を聞かれた剛 剛と大丸は助っ人を依頼されたアキとマスに神社に呼び出され、リーダーである倉田を紹介される。 その神社では、 木に登り昆虫採集に精を出す猛が登っていることに誰も気づいていない。 ことの顛末を見届けようとする猛。 自己紹介もそこそこに、金町とその一派がいつのまにか神社に到着し、石を投げつけてきた。 大丸が助っ人と知り、バカにして笑う金町だったがワンパンチでダウン。 相手はチョロく大丸1人で次々と金町派を倒していくが、剛が喧嘩に参加しないことに疑問を感じる猛。 剛は大丸を制止し、金町と倉田の説得を始めるが「ゆくゆくは全国制覇!!」と言い出した2人に「くだらない」と言い放つ。 「自分の強さ証明するのは友達より大事かよ」その言葉に両派閥は言葉を失い、猛は「くだらない」という言葉で怒りが頂点に達していた。 自分が乗っていた木の枝を殴って下に降りた猛を見て、自分たちを潰しに来たと勘違いした両派閥のリーダーとメンバーが5人で猛に襲いかかるが全員ワンパンKO。 1人1秒かからない秒殺劇。 猛が剛に詰め寄る!! ホンネを聞かれたことに内心焦る剛、フォローに入る大丸とたまたま松の散歩で通りかかった伍代。 伍代が昼飯をゴチすることで、強引にでも丸く収まるかに見えた。 しかし、そこに1年前まで街を仕切っていた大森が女に金を持ち出されたってことで帰ってくる。 メンバーがヨソ者にボコられた跡を見て、猛に詰め寄る大森だったが叫びながら退散。 その後は、作り笑いを浮かべながら、今まで猛が採集した昆虫を大森とメンバー(大森に強制的に)は1匹1000円で買っていく。 大森の行動に理解できないメンバーたちは説明を求めた。 2年前、大森を含めた4人は周りには事故に遭ったと言って入院していたが、 実は女連れの猛からカツアゲしようとして、逆にボッコボコにされての入院だった。 その時のトラウマが忘れられずに猛を見た瞬間、恐れ・ご機嫌をとったのだった。 これでお家騒動は終了!! 翌日、猛は誰もいない堤防に剛を呼び出した。 今は萬中の頃みたいにギラついた目をしておらず、ケンカの話しも自分からしてこなくなり、地元の不良とも距離を置くようになったことが気になっていた猛。 しかし、剛は今の白百合での生活を捨てることができず「自分は何も変わってない」と嘘を言った。 猛は笑みを浮かべて、話しは終わり皆で花火を見ることに。 子供の頃、人が多すぎて花火が見えなかった時に猛はずっと肩車をして剛に花火を見せてくれた。 剛「 あん時兄ちゃんは花火見えてたの?」 猛「バリバリ見えてたよ」 剛「ウソがヘタだな。 兄ちゃん」 ナンバMG5 最終話より 猛は言葉には出さずに 「嘘がヘタなのはお互い様だな」と心の中で呟いた。 ナンバMG5を無料で読む方法 この巻は『ナンバデッドエンド』に繋がる大事な巻なので、絵付きで読んだ方が面白さが違います。 U-NEXTでは、今なら600円分無料で読めるし、1ヶ月のトライアル(無料)期間もあります。 31日以内なら解約も簡単でお金もかからず、安心して利用できます。 まとめ 案外、最後の敵って雑魚で注目されたのは剛の本音と気付き始めた猛のことでしたね。 大森たちよりケルベロスの光一たちの方が何倍も強いし。 ナンバMG5のネタバレを書かせて頂きましたが、よろしければハンバデッドエンドのネタバレもお読みください!!.

次の

「デッドエンドの思い出」切なくも優しい恋愛小説!3つの魅力【祝・映画化】

ナンバ デット エンド ネタバレ

設定が斬新で面白いと思います。 序盤から、終盤まで楽しく読めると思います。 ただ、やはり、設定に無理がありますね。 それは無いだろうと突っ込みたくなります。 また、剛が真面目な生活を本当にしたかったのかが、少し疑問です。 ナンバデットエンドでは特に、彼の本質が、ヤンキーなのです。 他シリーズよりも、人間の持つ世界観は、中々変わらないというのをテーマにしてるように思えるので、そこをクローズアップしてるのでしょうね。 描写から、家族のために無理して、ヤンキーをしてるとは思えず、基本は暴力で解決します。 また、デッドエンドでは特に、切れて、やさぐれてしまうので、周りの人も怖い気がしますけどね。 画力は飛躍的に向上していると思います。 後半からみた人は、前半は見れないでしょうね。 後半になるごとに、デフォルメされて、絵が子供っぽくなる漫画が多いですが、ナンバシリーズは大人っぽくなってる気がします。 斬新な設定もさながら、見て損のない漫画です。 悪役としては、よくあるキャラクターですが、主役としては珍しい性格だと思います。 自らの頭脳を使い、楽しむためであれば何でもやる。 その彼の性質が物語を進めていきます。 これは、前作「番長連合」でも同じものでしたが、番長連合では、東が主役であり、彼もここまでの狂人ではなかったです。 ただ、堂本の心の中は、この漫画では、ほぼ分かりません。 心のうちを明かさなかったのは良かったと思います。 前回まで、エリート的だった、堂本が、何故こんなところにいるかは不明です(浜田山に目をつけてた?) 初めに行うことは、ちょっとした宗教団体を作るところから始まります。 不況で辛い思いをしている若者たちを天女様と呼ばれる、おばあさんをシンボルにし、救う団体を作ります。 今で言う、生活保護のビジネスに近いものがありますね。 次に、浜田山をヤクザの大物にする話になります。 大国営事業を基軸にした、近くにある、組織との戦いで、彼をそこらを仕切る 組長に仕立てあげます。 この話では、 ヤクザとして成長?した浜田山に裏切られて、堂本が行方不明にされ、終わります。 最後のシリーズは、ある団地の地上げ合戦の戦いになります。 地上げをしようとするのは、前回のシリーズで成長した浜田山になります。 それに対して、再び現れた堂本と、団地の住人たちが戦います。 ただ、最後は、何故か、浜田山と、それの上層組織的な長谷川と、堂本の三者での殺し合いになります。 ここでも、結局、堂本は、浜田山に殺されます。 最後に、殺されたと思った堂本が奇跡的に生き残っていたことが分かり、次に、堂本は世界征服を目指すと言い、浜田山を含めた、今まで会った人間に会い、終わります。 これ、番長連合の終わり方とほぼ同じです。。 確かに、終盤は急ぎ足で終わらせた感がありますが、この作者は、15巻続いた、番長連合でもそうだったので、スピンオフなので、早く終わらせたとも考えられます ストーリーとしては面白かったです。 お金の概念は共感できるところがありました。 中々、緊張感がある悪くないお話だったと思います。 上述したように、巻数が少ないこともあり、一瞬で見終わります。 面白いと思いますが、この漫画は、堂本を主人公にすべきではなかったと思います。 浜田山で良かったでしょうね。 まあ、ただ、堂本を中心にシリーズごとに主人公を変えてるのかもしれませんが。 また、主人公の堂本に信念が無いのが少し嫌な気がしますね。 狂気のキャラクターは、、、共に狂人でありながらも信念見たいのがあるのが良いのですが、堂本は、楽しんでるだけで信念はないです。 また、全てが悪人ではなく、善人はいたほうが良いと思いました。 北野武さんの映画の「アウトレイジ」が全員悪人で売り出しましたが、あれは、ヤクザではあるのですが、武自身は根は悪人ではないのです。 堂本ルールとは違い、長く続いた番長連合では、東は善人なんですよね。 堂本ルールで、何よりも残念なのが、作者さんの画力がストーリーに合っていないのです。 狂気のキャラクターを描こうと努力しているように思えますが、怖いとかカッコイイとか言うのは感じられなく、申し訳ないのですが、顔が気持ち悪いです。 単純な本編だけで言うと、「グラップラー刃牙」、「バキ」、「範馬刃牙」、「刃牙道」の 4つのシリーズがあります。 続き物のため、グラップラー刃牙から読むことを進めたいですが、相当昔からの漫画のため 絵柄が受け付けないかもしれません。 ただ、絵柄自体が特徴的なため、受け付けない人には元から厳しいかもしれません。 当初は格闘漫画と読んでよいものだったと思いますが、 今では、人間に近い怪物たちのバトル漫画になってきてしまってます。 格闘漫画として手に取ると、意図したものとは違うかもしれません。 格闘漫画が好きな方はの方をおすすめします。 どちらかというと、北斗の拳寄りのため、そのレベルのバトル漫画が好きな方にはオススメです。 あらすじはというと、地上最強の生物の「範馬勇次郎」を息子である「範馬刃牙」が闘いに勝つことが 目的になります。

次の