韓国 どう でも いい。 「なくてもいい国」と中国に言い渡された韓国:日経ビジネス電子版

韓国に広がる「日本どうでもいい」の理屈

韓国 どう でも いい

なぜ韓国は日本に悪さをするのか? アレをやめさせるにはどうすればいいのか? について考えてみた。 下記、もはや予定の行動だが、こちらとしては不快感を表明し続けねばならない。 国際社会では、「悪いことをしたやつよりも、悪いことをされて泣き寝入りした奴の方が悪い」という法則がある。 それが国際法の根本原理でもある。 だから、日本も報復しなければならないのだが、現実的には経済制裁が関の山かと。 トランプの対中制裁くらいは、現行法でも政治の決心次第でできるのだけど、安倍内閣にないものねだりしても仕方がない。 少しでも実質的な制裁をできるかどうかが現実的だろう。 私は「居留民引き上げ」をやった方がいいと思うけど、それ大日本帝国でもできなかったからなあ。 さて、本題。 韓国を語るに、韓国の話しかしない人は偽物と決めつけていい。 倉山塾ではいつも教えているけど、「何が語られているかよりも重要なのは、何が語られていないか」なので。 韓国を語る時は、常に北朝鮮の意向を見なければならない。 なぜなら、北朝鮮は自分の手を汚さず、韓国に日本への嫌がらせをしているのだから。 そもそも、北朝鮮は韓国を併合したいのか? chくららでは「否」と答えてきた。 あえて言うなら、ソ連が東欧諸国を衛星国にしたような形にしたいはず。 その形は、以下。 あるのは形式的な国境。 あった方が何かと都合がいいと、当時のソ連は判断した。 特にブルガリア共産党に至っては、ローマ教皇暗殺未遂事件の実行犯でもある。 では、西側諸国は東独やブルガリアの悪口を拡散したか? 一応、言うべきことを言ったが、しょせんはパシリのやることと、ソ連共産党を相手にしていた。 レーガンの再来を自任するトランプがアメリカ大統領なのだから、日本のやることは決まっている。 北朝鮮にものを言えるだけの軍事力を身に着けること。 防衛費GDP2%なんてのは最低限なんだが。 韓国の悪口を言う暇があれば、「最低でも防衛費GDP2%」と拡散した方が、まだ有益。 それよりも大事なことは、目の前の猫じゃらしのような情報に飛びつくのではなく、ここで話したような話を自分が理解し、理解できるような仲間を増やすこと。 投稿ナビゲーション.

次の

韓国経済、サムスンがなくなれば韓国はどうなる

韓国 どう でも いい

韓国経済、サムスンがなくなれば韓国はどうなる 記事要約:管理人は韓国経済の心配なんて一回もしたことないのだが、サムスンがなくなれば韓国はどうなるのかという問いは何度も考えたことがある。 結果的には卵が先か,鶏が先かということ。 仮に韓国経済が破綻すればサムスンにもしわ寄せがくる。 また、サムスンが先に破綻すれば韓国経済に致命的な代償を負わせる。 問題はサムスンは生き残ることはどちらにしても大丈夫だ。 ただ、韓国は死ぬ。 そして、管理人の考える本質はその先にある。 サムスンが潰れるということはもはや、韓国経済そのものが崩壊しており、IMF行きが決まっているレベル。 だとすれば、財閥解体が現実味を帯びてくる。 どこかで韓国経済はリセットをしないともう持たないところにまで来ている。 サムスンが引き金となるのか。 それについてはまだわからない。 まだまだサムスンは韓国のウォン安を利用して儲けを出すことができるからな。 そして、記事に書いてあることは無駄である。 なぜなら、サムスンより先に韓国経済が崩壊する未来の方が確実だからである。 サムスンの資本力を持ってすれば、韓国が滅びようが別の国へと本店を構えればいいだけ。 サムスンリスクより先に韓国経済が崩壊する。 そうなれば、中国資本にでもサムスンが買われているかもしれない。 の応援(1日1回クリック)をお願いする 韓国経済、サムスンがなくなれば韓国はどうなる もしサムスングループが倒れたら、韓国経済はどうなるだろうか?韓国経済の将来を心配している人なら、少なくとも一度は考えたことのある問題であろう。 サムスンが韓国経済に占める割合が絶対的なうえに、いくら「グローバル超一流企業」であっても、(何かをきっかけに)一気に崩れ落ちるのが今の経済環境だからだ。 最近、この問題を本格的に取り上げた本が出版された。 財閥改革論者のソウル大学行政大学院のパク・サンイン教授が書いた『サムスン電子が没落しても韓国が生き残る道』だ。 題名がやや刺激的なためか、一部では「サムスン解体論」ではないかという反応も出ている。 パク教授は、ノキアの没落とフィンランド経済への影響を通じて、サムスンと韓国経済の将来に対する見通しを示そうとした。 実際に、ノキアが成長を続けている当時はノキアの没落を語る人はほとんどいなかった。 ノキアは13年間、世界の携帯電話市場で1位を守り続けながらイノベーションを怠らなかった。 頂上に立った後も天文学的な資金を研究・開発(R&D)に投入した。 逆説的にも、スマートフォン時代の到来をいち早く認識したのも、アップルではなく、ノキアだった。 違いは、ノキアは自らが作った枠組みの中で漸進的イノベーションを進めたのに対し、アップルは枠組みそのものを揺るがす断絶的イノベーションに出たことだ。 パク教授は「ノキアの没落は、技術や戦略の失敗の問題ではない。 情報通信技術(ICT)のような革新的な産業では、挑戦企業によって創造的な破壊が起き、 既存の事業者が消滅する。 既得権を持つ支配的事業者は、枠組みを覆すような断絶的イノベーションに消極的にならざるを得ない。 老化が自然現象であるよう、創造的破壊は経済現象であり、サムスン電子もこれを免れないだろう」と指摘する。 サムスン側は論理の飛躍だと反論している。 サムスングループのある役員は、「ノキアが失敗したから、サムスン電子もそうなるという主張は、一般化の誤りだ」と指摘した。 サムスンはまた、自らが危機と判断し、絶えずイノベーションを行っていると強調している。 イ・ジェヨン・サムスン電子副会長が経営の前面に出てから「選択と集中」を行い、バイオ、スマートカー、バーチャルリアリティなどの次世代産業に挑戦していると強調した。 最近は、「スタートアップ・サムスンカルチャーの革新」を宣言し、組織文化を変えているとも話した。 パク教授は、このようなイノベーションに向けた努力を認めながらも、「イ・ジェヨン副会長の継承とコーポレート・ガバナンスを強化することに焦点が当てられており、真のイノベーションとは程遠い」と指摘する。 パク教授は、サムスン電子が没落すると、循環出資でつながっているサムスン生命やサムスン物産など、系列会社の株価が共に暴落し、サムスングループ全体の破産に広がって、結局、韓国経済の危機をもたらすことになると警告する。 外国人投資家が資金を回収し、国家信用格付けが急落して、通貨危機と同様の事態が発生する可能性があるということだ。 したがってパク教授は、イスラエルが2013年から財閥改革を強く進めているように、韓国も企業所有・支配構造の改善、 金産分離(金融資本と産業資本の分離)の強化、経済力集中の抑制などを通じて「サムスンリスク」に備えなければならないと強調している。 サムスングループの役員は、「パク教授の主張は、既存の財閥改革論にノキアの事例を入れて再梱包したもので、目新しいものはない」と批判した。 サムスンが今後どのような道を歩むかを正確に予測することは非常に難しい。 ただし、サムスンが韓国経済に占める割合が過度に大きいだけでなく、その割合がますます大きくなっているのは厳然たる現実だ。 「サムスンリスク」は現存する危険ということだ。 最悪のシナリオを想定し、衝撃を最小限に抑えられる対策を用意しなければならないのも、そのためだ。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,161件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ももんが より• に ナナシ【メル】 より• に ちわわ より• に たろうちゃん より• に キジトラ より 人気の記事〔1日〕• 2,500件のビュー• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 600件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 200件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

「なくてもいい国」と中国に言い渡された韓国:日経ビジネス電子版

韓国 どう でも いい

トランプ大統領は日韓不和にそこまで興味がないようだ(写真:Leah Mills/ロイター) 最近、複数のアメリカ政府高官が、異例とも言える一連の直接的な非難を日本と韓国双方の政府に対して表明した。 アメリカの東アジアでの安全保障上最重要の同盟国である2国間の関係の悪化に危機感を募らせたためである。 アメリカ側は以前から日韓関係に懸念を抱いていたが、文在寅政権がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄するとの決定はアメリカ側の利益に影響すると考えたのだ。 韓国によるGSOMIA破棄は、アメリカ政府がここ数年細心の注意を払って育んできた3国間の安全保障協力を弱体化するものにほかならない。 日本と韓国が耳を傾けているのは 「両国がこうした状況にあることに、このところとても失望している」と、アメリカのマーク・エスパー国防長官は8月28日に記者たちに述べた。 同日、ランドール・シュライバー国防次官補もこの件について詳しく語り、「北東アジアにおいて顕在化する安全保障上の深刻な問題」を度外視する文政権をやや強く非難しつつ、韓国に対しての輸出管理を導入する日本の決定についても「緊張関係に悪影響を与えている」と指摘した。 シュライバー氏は、「苦境にはまり込んでしまったら、その苦境を悪化させるべきではない」と述べ、両国に対して慎重に事態を検討することを呼びかけた。 だが、アメリカ政府高官によるこうした率直な発言にいまのところ、文大統領、安倍晋三首相のいずれかが耳を傾けている兆候は見られない。 なぜだろうか? 理由は簡単である。 両国首脳ともアメリカ政府高官ではなくドナルド・トランプ大統領の発言に注意を向けているからであり、そして、トランプ大統領の発言は高官たちの発言とはかなり違うからである。 今回の騒動の最中フランスで行われたG7首脳会議の際に安倍首相とトランプ大統領は会談したが、トランプ大統領は日韓関係の緊張に関して一切発言しなかった。 むしろ、会談内容はおおむね貿易問題についてであり、それ以外は北朝鮮問題に多少言及された程度であったと、安倍政権の国家安全保障局の関係者は明かす。 ブッシュ政権時の国家安全保障会議(NSC でアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏は、日韓の不和について「トランプ大統領にとってはどうでもいいことだ」と言う。 「現政権はリーダーシップを完全に放棄している」。

次の